2018年を振り返る 1月~4月

ここで振り返るつもりはなかったのですが、他のブログを見ていたら
けっこう振り返りが多いのでボクも振り返ってみようと思います、

1月

1月はなんといっても「ゲストハウスやりたいんです説明会」
これをやってなかったら絶対に今の物件には辿り着いてなかった。
ほんとにやってよかったこれ。
(物件を見つけるまでの経緯を知りたい方はこちらから)
いちおう写真を撮った記憶があるのですが、見つけられなかったので、その時の中津川沿いの写真です。
何かを始めたい人は、関心のある人たちとある程度面識や人脈ができたら説明会するのオススメです。
ちゃんと資料を作れば他の誰かに渡してくれて何かにつながる可能性も出てきます。

2月

2月末日、ゲストハウス阿蘇び心の「卒業式」
阿蘇び心阿蘇店を手伝ってくれたタケちゃんや阿蘇び心代表のじゃけんさんが中心になって企画、声掛けをしてくれてこんなに多くの方が集まってくれました。
阿蘇び心スタッフや元ヘルパー、阿蘇店時代からの常連さんや太宰府の地元の方々、そして仲のいい宿の皆さんが駆けつけてくれてほんとに幸せな時間でした。
盛岡の皆さん、この写真に写っている方はほぼ盛岡に来てくれますからね。
そして、この場に来れなかったけどボクが九州にいる間に知り合った方もたくさんいます。
そんな皆さんと盛岡でまた会えると確信していますので、盛岡の皆さんも会えるのを楽しみにしていてください!

また、2月には今の物件の大家さんとお話しする機会もあり、
実際に今の物件も見せてもらいました。
ここでも岩手に行くのを止めていれば今の流れもなかったかもしれません。
迷ったら前へ、と動いたのがいい方に向かいました。
ほんとにこの1年で行動パターンも思考パターンもかなり変わってきたと感じています。

3月

3月、阿蘇び心から旅立ちました。
5年という月日を過ごし、宿に関して非常に多くのことを学ぶことができ、またゲストハウス業界や旅人の世界に人脈もたくさんできました。
この5年はボクの人生の中でもとても充実した時間であり、人間として成長できました。
そして、この経験を生かすのはこれから!
2019年がとても楽しみです。

阿蘇び心退職後は真っ直ぐに岩手には戻らず、陸路車で、行ってみたかった宿や今までお世話になった方、また常連さんや宿を開いた友人を訪ね歩きました。
ほぼ毎日移動し続け、体力の限界を感じたこともありましたが、
体が慣れてからは長距離運転への抵抗も減り楽しい旅となりました。
この旅もほんとにやってよかった。
行く先々で会ってくれる人がいるのはほんとに幸せなことで、
そこで話すことによって頭の中が整理されたり、新たな発想が生まれたり。
また新たな人脈がつながったり。
お金はかかったけど、お金には代えられない貴重な時間だったと思います。

4月

約1ヶ月の旅を終え、実家のある一関に到着。
旅が終わるのは寂しかったですが、また新たなステージの始まり。
ワクワクした気持ちもありました。

岩手に戻った後は、友達の文ちゃんに誘われ、秋田の乳頭温泉郷にある黒湯温泉でしばらく働かせてもらいました。
乳頭温泉郷は盛岡から山を越えたところにあり、ほぼお隣。
盛岡で用事がある時もすぐに行くことができボクとしては非常に助かりました。
また、温泉旅館で働いたことはなかったので、また別の視点で宿泊業を考えることができ、これも貴重な経験となりましたね。

さらに、今の物件の大家さんからも蔵を使う方向で話を進めてみませんか、と連絡をいただき、物件がほぼほぼ確定したのも4月でした。

今日のところはこの辺で。
次回に続く。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください