盛岡の夏の終わりを告げる「舟っこ流し」 2019年8月17日

毎年8月16日、「ととと」から徒歩5分の明治橋付近で行われる「舟っこ流し」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし16日は台風の影響で盛岡も雨。
翌17日に順延となったのでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

予定のチェックインを終え、会場に駆けつけると

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

遠くでも聞こえるパチパチと舟の燃える音

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10数の町内会や団体がそれぞれこの日のために舟を作り、
北上川に流すのです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

川に入ると舟に火をつけ、仕掛けていた花火が燃え上がります

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみにこの舟は「ととと」のある鉈屋町のもの
場主オノデラもほんのわずかですが舟作りを手伝わせてもらいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鉈屋町のみなさん、お疲れ様でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

だんだんと暗くなり、夕景に映える舟。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

流舟が終盤に差し掛かると会場には砲丸投げのような物体を持った子どもたち

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中央には鳥の巣のような藁の塊

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

川では灯篭流しが始まりました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その手前では子ども達が持ってる球に火をつけました
これをブンブン振り回して投げ、あの藁の塊に火をつけるという「投げ松明」が行われるのです
投げるのはいいけど外れた球が向こう側の子どもに落ちていきそうだな、と思ってみてました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

係の人の合図で一斉に球を投げると一発で点火!
なんでも毎年そこそこ手こずるらしいのです。
子どもに火の球が落ちることなく無事終了。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でも火の玉投げるのもう少し長く見ていたかったので
来年は多少サービスしてくれないかな子どもたち。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

投げ松明も終わり、灯篭流しを見ながら、この後の花火が見やすい位置へ移動。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

明治橋中央から見る灯篭流しは風情がありますね

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こうして見るとなんだかホタルみたい。
そういえば今年はホタル見なかったな。
来年はゲストの皆さんと一緒に見に行きたいな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、手持ちデジカメでまぐれ当たりの一枚。
20時過ぎにの予定があったので、花火の途中で「ととと」へ戻る。
途中、御近所の皆さんが外で花火を見上げていたので、
もしかしたら「ととと」の2階から見えるかも!
と思ってダッシュしたのですが、玄関についたところで花火終了。
角度と周りの建物の高さからいって、高く上がった打ち上げ花火は見えるのではないかと思います。
来年は花火の時間には「ととと」にいて確かめたいと思います。

8月14日の「黒川伝統さんさの門付け」、
8月16日の「舟っこ流し」
来年のお盆は「ととと」に連泊して見るのがオススメですよ~!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください