たざわ湖スキー場に行ってきたよ!

1月10日に角館で黒湯温泉従業員の新年会があったので行ってきました。
黒湯温泉の従業員はほんとに仲良くてあったかくて居心地がいい。
新年会だけでも毎年出ようかな。

せっかく角館に行ったのでゲストハウス風雅に泊まりました。
チェックインの時に話をしたら、宿主のエイコさんは黒湯温泉の女将さんとお友達だとか。
女将さんに聞いたら、エイコさんは最近もインドに行ったりとけっこうな旅人らしい。
今回は新年会があったので時間がなかったけど、次回はぜひゆっくりとお話ししたい。

さらにせっかく山越えるので黒湯温泉の同僚だった幸子さんの働く
たざわ湖スキー場へこちらも同僚でお馴染みの文ちゃんと一緒にスノボしに行ってきました。

たざわ湖スキー場はゲレンデのコース幅が広く、少々の急斜面でもかなり滑りやすい。
滑ったコースを確認したら最大斜度27°までは滑れたみたい。
また、クワッドリフト1回で長ければ3㎞近く滑れる。
今の僕には斜度とコースレイアウトからいって一番合っているかもしれない。

コースによっては運が良ければ田沢湖が見えるらしい。
この写真でいうと左の画面外くらい。
また天気がいい日に行こうかな。

恒例のリフトからフォト。

ここはかなり緩いコースであまり滑ってる人がいなかった。
初心者を連れていくには緩くて長くて練習するにはいいコースだと思う。

たまには自撮り。

昼食はレストランで。
ラーメンが美味しいらしいけど、焼きそば好きのボクは
「横手焼きそば」があったら食べずにはいられない。

昼食後に文ちゃんと分かれて滑り始めたのですが、
二人とも比圧雪ゾーンに期せずして入ってしまい、
一度止まったら全然進めなくなり、しばらくの間格闘することになったのでした。
ボクの場合は圧雪ゾーンに辿り着くまでに20分以上もがいてたんじゃないかな。
1m進むのにも一苦労どころではなく、
蟻地獄にハマったらきっとこんな気分なのだろう、ともがきながら思ったのでした。

脱出でかなり疲れたので、滑りやすいコースをちょこっと滑って、
幸子さんのいるラウンジ黒森に行き、ごぼうのポタージュであったまる。

ここは床暖で気持ちいい。
滑らない人もここでゆっくりと本読んで待ってるといいですよ。

ボクらの後ろに見えるのは毎年モーグルのワールドカップで使われる黒森コース。

間近で見ると壁にしか見えない。
こんな角度のコブあり斜面を滑り降りるうえにジャンプしてクルクル回るなんて人間業とは思えない。

今年は2月23日(土)~24日(日)みたい。
せっかくだから一日くらい見に行こうかな?
「をりをり」から車で1時間15分くらい。
けっこう近いですよ~!

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください