ミンタロハットヘルパー日記その5

ラジオ終了後

ヘルパーえぶちゃんが旅立ち、ヘルパーチームはトリオに。

しかし、ヘルパーしゅんちゃんがいつも通りの料理の腕を発揮!
メンズだけのゆんたくをゆっくりと楽しみました。

12月4日ヘルパー最終日

連泊してくれたP-MANさんもついにチェックアウト!
はるばる山形まで来ていただいてありがとうございます!
また会える日を楽しみにしています!

麺類大好き山形県!

掃除後は文ちゃんと山形名物「冷たい肉そば」を食べに。

皆さん、そろそろ気づきませんか?
山形の人は麺類大好きなんです。
板そば、冷たい肉そば、ひっぱりうどん、
街を歩けばラーメン屋さんがたくさん。
山形県はラーメン消費量日本一なんですって。
麺類好きな人は山形楽しいですよ~。

ナイトウォーク参戦!

最後の夜はオーナー佐藤さんも四国旅行から帰ってきました。
ゆんたくも落ち着いた頃、旅行から帰ったばかりだというのに
毎晩恒例のナイトウォークへ出かけようとする佐藤さん。
そして、興味を持つゲストさん。
え、ホントに?行くの?
というわけでボクもナイトウォーク初参戦!

写真は一枚もありません。
なぜってついていくのに必死だったから。
いや、正確にはついていけてない。
なぜって佐藤さん達の平均時速は6㎞だから。
わかりにくいかもしれませんが、これメッチャ速いんですよ。

よく、駅から徒歩10分とか言いますが、あれだいたい分速80mで計算されてるんです。
時速に直すと4.8㎞。
普通に歩くと1時間で1.2㎞置いて行かれるんです。
わかります?
箱根駅伝ってだいたい1区間1時間前後で走りますが、
1.2㎞差って相当です。

ゲストさんと話しながら歩いたのですが、スタート直後から差がドンドン開いていく。
あっという間に佐藤さんの背中の反射材が遠ざかっていく。
駅伝で心折られる時の景色を味わいました(笑)

それでもボクらが遅れるからペースを抑えて時速5.5㎞。
ボクらで5㎞くらいらしいです。
もし次回ヘルパーがあるとしたら自主練して鍛えてから向かいます!

WE LOVE 里味!

翌日、山形を発つ前に三度目の里味へ。
ほぼ1週間の滞在で3回里味。
ミンタロハットがどれだけ里味を愛しているかおわかりでしょう。

左上から時計回りに、味噌ラーメン大盛、酒粕ラーメン、魚醤ラーメン、しょうゆラーメンです。
初めての方は魚醤から入るのがオススメです。

最後にゲストのIさんが一緒に撮ってくれた写真。
Iさんは今回が初東北で岩手には行ったことがなく、
ボクの宿にとても興味を持ってくれたのでたぶん来年岩手で会えます。
サッカー経験者でJリーグトークで盛り上がったので、
来年は盛岡で一緒にサッカーが見たい!
皆さんもぜひご一緒に。

終わりに

オーナー佐藤さんが穏やかだからか、ミンタロハットには穏やかな空気が流れます。
ボクもとっても居心地が良かったですね。
地元の方も顔を出し、みんなで囲むゆんたくはボクがやりたい空間と重なるものがありました。
形は違えど、ボクがやる「泊まれるたまり場」(屋号未定)にもミンタロハットが好きな皆さんにも好きになってもらえる部分があると思います。
ぜひオープン後は盛岡に足を運んでいただきたいと思います。


阿蘇び心以外では国内のゲストハウスでのヘルパー経験はありませんでしたが、
(なぜか宿主交換という斬新な企画で
愛知県南知多のゲストハウスほどほどで数日宿主をしたことはあるのですが)
今年は黒湯温泉で働いたり、ミンタロハットでヘルパーをさせてもらったり、
ゲストハウスに限らず、他の宿泊施設で働くといろいろな見方で宿泊業というものを考えることができて非常に勉強になりました。
今後もチャンスがあればどこかでヘルパーしてみたいな、と思います。
ボクを働かせてみたい、なんて連絡もお待ちしてま~す。

最後に、今回ヘルパーに誘ってくれたオーナー佐藤さんと文ちゃん、
いい機会をいただきホントにありがとうございました!

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください