大沢温泉で宴

わんこそばとソフトクリームを食べ、
気力体力が限界に達したボクらはスーパーで夕食の食材を買って宿に帰りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちら「ひっつみ」
実家の一関の方では「はっと」と呼びますが、花巻でも盛岡でも「ひっつみ」と呼ぶようです。
スーパーでひっつみのセットが売っていたのです。便利ですね。
「泊まれるたまり場」に泊まった際は徒歩10分くらいの神子田の朝市で絶品の「噂のひっつみ」が食べられますのでお楽しみに。

他にもいぶりがっこや野瀬さんが高知から持ってきてくれた「とこぶし」が食卓に並びました。
「とこぶし」は東北でも食べるのかな?
ボクは聞いたことないけど。

花巻在住でそらうみに泊まったことのあるゲストさんも駆けつけ、
まるで花巻にそらうみがやってきたかのようでした。

また1年後に盛岡で再会する約束をしたので、皆さんも会えますよ。

翌朝、宮本さんを駅まで送ろうと思ったら窓ガラスがガリガリに凍っていました。
雪が降った後に丸一日動かさずにほっておいたのでこんな状態に。
暖房かけて、解氷スプレーかけてスクレーパーでガリガリと。
10分くらい格闘しましたかね。
昨晩は雪かきの話をしたのですが、朝出かける前や夜帰ってきた後の雪かきは寒い地域ならではですね。
冬は出かける前後に一手間二手間増えます。

無事に視界が確保できて出発。
野瀬さん達とはここで別れ、宮本さんを花巻駅まで送り届けて再会の旅は終わりました。

高松の野瀬さんと糸島の宮本さん、阿蘇び心で働いていた間に知り合ったお二人が岩手まで遊びに来てくれてほんとに嬉しかった。
他にも阿蘇び心での5年間で知り合った方々がたくさんいます。
「泊まれるたまり場」をオープンしたら、そんな皆さんと盛岡でたくさん再会できるのが楽しみでなりません。

改めて「泊まれるたまり場」オープンへのモチベーションが上がったのでした。
7月にオープンと考えるとオープンまで5か月ほど。
ギアを上げていかなければと思っております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください