「泊まれるたまり場」初取材!

先日、盛岡経済新聞さんに取材していただき、さっそく記事にしていただきました。
まだ見てない方はこちらからどうぞ!

盛岡経済新聞の記者さんが、盛岡市八幡町の八藝舘で行われている
2019年2月9日(土)に盛岡八幡町で行われる雪灯りイベント『八幡ともしび横丁』
に向けたRabi Candle Factoryの 『ともしび横丁キャンドル』ワークショップ を取材した際に、八藝舘オーナーの及川さんがボクの存在を教えてくれたのです。
及川さん、ありがとう!

ちなみに『八幡ともしび横丁』 とは
目標1400個を掲げ 1人1人が作ったキャンドルを持ち寄って八幡通りを灯すイベントです。
今年のワークショップは終了しましたが、年明け元旦からアクセル全開で皆さんをお待ちしているようなので、盛岡八幡宮への初詣と一緒にぜひお楽しみ&ご協力をお願いします。

さて、話題は取材に戻ります。
記事は非常に 上手くまとめていただきましたが、
ボクのfacebookを見ている人はご存知ですが、
記事に使われたボクの写真映りがまあひどい(笑)
「まるで別人」との声もあり、
これでまだ盛岡で悪いことしても大丈夫かと安心してる次第です。

でも、メディアの力は偉大で、
さっそく見知らぬ方がfacebookの「ボクの細道」にいいね!をしてくれたり、ウェブの「ボクの細道」の問合せフォームから連絡をくれた方がいました。
またご縁が広がってホントにありがたい!
まさか、こんなにオープンまで時間のある段階で取材してもらえるとは思っていなかったので、取材を受けてよかったなぁと思っている次第です。

ところで、記事は「みんなの経済新聞」経由でYahoo!ニュースの岩手版にも掲載されたみたいで、
より多くの方の目に触れたみたいです。
盛岡や鉈屋町に対するネガティブイメージの反応もあったみたいですが、
ボクの周りとの温度差にむしろビックリしています。

ボクが出会った盛岡や岩手の人達は、
一関出身のボクがビックリするくらい地元LOVEの方ばかり。
ボクの記事に反応してくれた方と同じように一関に対するネガティブイメージを持っているボクは
そんな皆さんを見て反省しているくらい。
もっと一関のことも知らないといけないな、と思っています。

また、ボクが鉈屋町でゲストハウスを開くと言うと、
みんな「いいねぇ、鉈屋町大好き!」という方ばかり。
鉈屋町を知らない方に出会う方が珍しいのです。
Yahoo!ニュースに反応してくれた方とボクが出会った方は盛岡や鉈屋町に関する視点や物事に対するアンテナのはり方が違うのではないかと思います。

ボクは盛岡も鉈屋町も大好きですし、たくさんの人に来てほしいと思っていますが、
万人受けの宿を作るつもりはありません。
ボク自身はそれほど尖った人間だとは思っていませんが、
ゲストハウス業界では異質の存在だと思っていますし、
盛岡の皆さんはボクのことを面白がってくれています。
いい意味でボクを利用してくれたらいいな、と思っています。

ボクや「泊まれるたまり場」がアンテナに引っかかった皆さんに来てもらえたら、と思っていますし、
そんな皆さんが集まれば、きっと波長の合う人との出会いがあると思っています。
立地や便利さだけで宿を選ぶ方は駅前のビジネスホテルにどうぞお泊りください。
でも、鉈屋町、八幡町、肴町、紺屋町などの河南地区を味合わずに盛岡を語ることなかれ、
とボクは言いたい。

また、今回驚いたのは、
ボクは現在facebookで649人友達がいますが、なんと今回ボクが盛岡経済新聞に取材された件を書いた記事を90人を超える人がいいね!を押してくれて、
9人がシェアしてくれたこと。
6分の1近くの人が反応してくれたわけです。
普段はブログの更新をシェアしても10人くらいがいいねしてくれて、多くて30人くらい。
普段の3倍以上の人が反応してくれて、
皆さんが、待ってくれてるんだな、期待してくれてるんだな、と感じ、
自信にもなりましたし、身が引き締まる思いです。

ボクの想定としては、オープンまであと半年。
長いようできっとあっという間にやってくると思います。
オープンが近づいてから慌てないように、
今から計画的に準備を進めていきます。

そして、ボクや「泊まれるたまり場」、そして盛岡や鉈屋町の存在をもっと多くの人に知ってもらえるように情報発信し続けていきます。
皆さんもできましたら、盛岡の鉈屋町で何やら面白そうなことをする男がいると身近な人にお伝えいただければ非常にありがたいです。
どうぞよろしくお願いします。

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください