物件に辿り着くまで その11

その1はこちらから
その2はこちらから
その3はこちらから
その4はこちらから
その5はこちらから
その6はこちらから
その7はこちらから
その8はこちらから
その9はこちらから
その10はこちらから

物件探しの振り返りと現状をお伝えします。

縁とタイミング

今回の一連の流れの中で、
盛岡の町に今、ボクのような存在が求められているということ、
を強く感じていました。

ボクのメッセージに応えて会ってくれるまちづくりを頑張っている方々が多くいること。
皆さんがゲストハウスという存在を認知していて、盛岡にもほしいと思っていてくれたこと。
説明会を開催した時期。
物件が出てきたタイミング。

たられば、の話になりますが
もし町家サロンカフェピッピに入って吉田さんに出会わなければ。
もし太宰府裏マルシェに行かなければ。
もしブラジリアン柔術体験に行かなければ。
もしジムのfacebookに書き込まなければ。
もし松井さんが反応してくれなければ。
もしfacebookでメッセージをばら撒かなければ。
もし盛岡の皆さんがメッセージに反応して会ってくれなければ。
もし東家の高橋さんがプレゼンやった方がいいよ、とアドバイスしてくれなければ。
もし高橋さんのアドバイスに従って説明会を開催しなければ。
もし説明会に吉田さんを呼ばなければ。
もし吉田さんが説明会にA社のSさんを連れてきてくれなければ。
もしSさんがB社のMさんと会う機会を作ってくれなければ。

数えきれない分岐点でボクあるいは関わってくださった方の選択、
全てがかみ合って、まるで必然のように盛岡を選び、
今の物件に辿り着いたかのように感じています。
今振り返っても奇跡的。
まさに縁ですね。

これからはその縁を生かし、盛岡・鉈屋町で人の縁をつなげていきたいと思います。
今できることは人の輪を広げていくこと、
盛岡情報を集め、自分の目で見ていくこと、
情報を発信していくこと、
そして「泊まれるたまり場」の中身を詰めていくこと。
やることはたくさんありますが、楽しんでやっていこうと思います。

オープン前でも盛岡に来てくれる方は大歓迎ですので、
いつでも遊びに来てくださいね。


[物件に辿り着くまで・完]

現状

現状としましては今週中に改装に着工できるかな、というところ。
最低でも半年はかかると前々から言われていて、
来年6月に入るくらいまでかかる見通し。
7月入ったくらいまでにオープンできればいいかな、と思っています。

改装は全面的にプロにお任せするので、
阿蘇び心阿蘇店や姉妹店「B&C Gakubuchi」で行ったような
大規模なDIY作業は予定ありません。
ただ、談話室の机、イス、棚など細かいものはDIY予定です。
先日、盛岡市のお隣の滝沢市で木工をやっている松森さんと知り合ったので、
それらのものをワークショップ形式で作るかもしれません。

また、室内の物の配置や色の使い方、何を置くかなどはほぼ未定です。
ボクはデザインやインテリアのセンスが皆無ですので、
コーディネイトしてみたい方いましたら、ぜひ連絡ください。
建物に入れるようになったら一緒に考えていきたいと思います。

その他、オープン前も後もいろんなお手伝いが必要です。
ぜひ皆さんのお力を貸してください。
よろしくお願いします!

では、次回からは旬の情報、盛岡周辺情報も交えていこうと思うのでお楽しみに!

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください