物件に辿り着くまで その7

その1はこちらから
その2はこちらから
その3はこちらから
その4はこちらから
その5はこちらから
その6はこちらから

ゲストハウスやりたいんです説明会開催

というわけで1月にプレゼンをやることにして準備を始めました。
特に会の名前はつけませんでしたが、
あとから人に話す時にいつのまにか
「盛岡でゲストハウスやりたいんです説明会」を開催したと話すようになりました。

まずは、今回盛岡で会った方々に連絡を取り、
いつなら来れそうか聞いていきました。
開催しても参加者が少ないのでは意味がありませんからね。
平日or土日?
昼or夜?
と聞いてみました。
土日の方が皆さん都合がいいかと思っていたら
意外と平日昼が多かったです。
で、昼でないとダメな方、夜でないとダメな方がいたので
昼夜2回開催することにしました。

次に会場を確保しなければなりません。
皆さんに都合を聞きつつ会場のお勧めも聞いていったのですが、
まず喫茶バロックの鈴木さんから移転後の店舗を会場にしてもいいと連絡がありました。
また、もともと知り合っていたまちづくり会社モリノバの方にも連絡したら小型商業施設の十三日の会議室を使いませんかというお話もいただきました。
というわけで、昼は喫茶バロックの新店舗、夜は十三日で開催することにしました。

3日前くらいまで昼も夜も3人くらいの参加連絡だったので、
ホントに盛岡行く意味あるかなぁ、と思いながら準備していましたが、
そこから当日までに多くの方に参加連絡をいただきました。

岩手移住計画の高橋和氣さんは説明会には来れないけど、
ボクが盛岡に行く日には時間があるということで
夕方合流して資料を渡して説明&近況報告しました。

昼の部

昼の部に参加してくれたのは
もりおか八幡界隈まちづくりの会 」の明戸さんと豊川さん 
八藝舘」「盛岡八幡家守舎」の及川さん
もりおか家守舎」の川上さん
モリノバ」の星さん
盛岡ブラジリアン柔術アカデミー」の阿部さん
八幡帖」の佐藤さん
有限会社アライブ」の社員さん1名
の8名参加。
途中でバー「glassto」の山本さんも駆けつけてくれました。

こんなに多くの方々に集まっていただけるとは思っていなかったので非常にありがたかったです。

進行はある程度シュミレーションしていたものの、
初めてのプレゼン、
ボクもかなり固くなっており、
一通り資料を説明しましたが、
あまり質問や意見もなく終了しました。
いやホント、終わった時は皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
もっと興味深く楽しめるプレゼンにできなかったものかと後悔したものです。

終了後、
川上さんから、ボクが談話室に「語学カフェ」的な機能を入れたいという話をしたからか、
川上塗装の英語部に教えに来てもらえないか、というお話もいただきました。
またボクからも社員さんが談話室に勉強しに来てもいいですね、というお話もしました。
(ちなみに今でもボクの都合が合えば英語を教えに行きますんで、
盛岡近辺の方は遠慮なく連絡ください。料金等は応相談ということで)

また、及川さんが「いいね。絶対人来るって」と力強く言ってくれたことを覚えています。

夜の部

夜の部には
町家サロンピッピ」の吉田さん
吉田さんが連れてきてくれた大工さんの会社A社の社長Sさんご夫婦
pono books&time」 小山さん
モリノバ」 の金谷さん
の5名参加で少しこぢんまり。

夜の部は昼の部の経験を生かして
資料の説明は短めに。
雰囲気が最初からほぐれていたからか、
また吉田さんがいろいろな質問や提案をしてくれたからか、
いろいろな話が出て、場が盛り上がりました。

その中で吉田さんから鉈屋町で使ってほしい建物があるから、
そこの改装を手がける会社の大工さんを連れてきたのよ、
というお話をいただきました。

その建物というのが鉈屋町の町家のある通りの入り口にある元酒屋さんの建物。
店舗付き住宅というのもボクの理想通り。

大工のSさんもボクの話に興味を持っていただいたみたいで
物件も見てみますか、という話になりました。
しかし、ボクは翌日の夕方までしか盛岡にいられない。
でもSさんが、たぶん大丈夫でしょう、ということで
翌日朝から物件を見せてもらうことになりました。


ちなみに、この説明会のアイディアをくれた東家の高橋大さんは
お仕事の都合で参加できず(笑)
後ほどお店に資料を持っていて店員さんに渡しました。

またまたちなみに、プレゼン資料を地元の方向けに現在改訂中。
もし、ご希望の方はメールアドレスを教えていただければ完成後に送付しますので、
遠慮なくご連絡ください。

さて、物件に辿り着くまでの話もいよいよ次回がラスト!
と思います。たぶん…

→その8に続く

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう