岩手に帰る旅日記 2018年4月9日~10日仙台to一関編

福島を通り抜け、夕方仙台到着。
宿はもちろんここ!

ゲストハウス梅鉢
仙台では必ずここに泊まっています。
というのも強いご縁があるからなのですが、それは後ほど。

梅鉢では700円で美味しい夕食が食べられます。
外食に出ることももちろんできるのですが、夜にのんびり過ごしたい時には夕食を頼むのがオススメ。
ボクもほぼ毎回食べています。

オーナーの加賀さん。
はじめて梅鉢に行って以来、ゲストハウスについて、ゲストハウス開業についていろいろ語り合っています。
実は加賀さんとは不思議なご縁があって、
梅鉢は昔ボクが仙台にいた時に住んでたとこの近くにあるのですが、
HPを見たら、昔ボクがボランティアをしていたフリースクールが協力団体リストに載っていたので、初めて行った時にその理由を聞いたんです。

そしたら、昔お世話になったとこで開業前のDIYを手伝ってもらったとのこと。
ボクが昔、そこでボランティアをしていたことを伝えると、
加賀さんが「小野寺さん、僕ら10年前に会ってますよ!」と言うのでどういうこと?と思ったら、
10年前、加賀さんが調理師試験を受けようと思って勉強を教えてもらえるとこを探していた時にフリースクールを訪れたのですが、
そこにいたのが、なんとボクだったんですね。
たしかにそんな青年がいたことは覚えていました。

お互いにその頃はゲストハウスなんて全然関係ないところにいたのですが、10年経ったらゲストハウスオーナーとスタッフになっていたのでした。
今のところ、これが生涯MAXでビックリしたことなのですが、
これにも余談がありまして。

先日、福岡県糸島市にあるゲストハウス小春の宮本さんが岩手まで遊びに来てくれたのですが、岩手に来る前に梅鉢に泊まったんです。
その時に加賀さんが、子どもの頃は福岡にいたんですよ、なんて話をして、
宮本さんが「どこ小?」と聞いたら、
なんと宮本さんが用務員として初めて赴任した学校。
「嘘でしょ?」と思うかもしれませんが、
加賀さん、なんと小学校の卒業アルバムを持ってて、
そこに宮本さんしっかり載ってたそうです(笑)

そんなことある?というミラクルを2つも持ってる加賀さんがオーナーの梅鉢。
あなたもミラクルな出会いがあるかもしれませんよ。

翌日、東北に戻ってきたからには縮れ麺のしょうゆラーメンが食べたい!
と思ってスタッフのマーク(日本人)と加賀さんオススメのお店「ぼんてん」へ。

しかし、まさかの定休日。

仕方がないので、近くにあった柳家へ。

美味しかったのですが、盛岡に来てみたら柳家って盛岡本店なんですよね。
しかも、写真見たら全然縮れてませんね(笑)
盛岡でまだドハマりするラーメン屋を見つけられてないので、調査頑張ります!

仙台を出て、一路実家の一関へ。
途中、冠雪のある奥羽山脈が見えて、東北に帰ってきたのを実感しました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください