岩手に帰る旅日記 2018年4月8日いわき編

さて、いよいよ残りわずかとなった岩手に帰る旅日記。
ラストスパートです。

ひたち海浜公園を後にしたボクはいわきに向かいました。
いわきには阿蘇び心阿蘇店に泊まりに来てくれた
古滝屋という温泉旅館を経営している里見さんがいるのです。

そして、愛知県南知多のゲストハウスほどほどで出会った良くんが福島に戻っていて、いわきからそれほど遠くないと聞いていたので誘って現地合流。
たまたま古滝屋が休館日だったので泊まれずに残念でしたが、
温泉は源泉かけ流しなので入れてもらいました。

その後、里見さんの馴染みの店で夕食。

いわきはさすが海の町なだけあって

刺身がすごい!
里見さんのお知り合いでいわきでゲストハウスを開きたい方も合流していろいろ語り合いました。

店員さんにみんなで写真を撮ってもらったのですが、里見さんの携帯で撮ったはずでまだもらってませんでした。
後でもらったら追加します。

さて、古滝屋が休館日でボクらがどこに泊まったかというと
なんと、里見さんのお知り合いの学童保育に泊めてもらえることに。

当日はその学童保育の方も関わって小池啓仁さんのライブがいわき市内で行われたらしく、小池さんもここに泊まるのでした。
スタッフの皆さんと小池さんがプチ打ち上げしている同じ部屋にボクと良くんもいたら、
小池さんが何曲か弾き語りをしてくれました。
小池さんの歌声はマイクも何もないのに、その空間に響き渡り、ボクらは圧倒されました。
小池さんの金属質な声が体の中で響いてから口から出てきているように感じたのです。
それは小池さんの体が楽器みたいに“鳴っている”とボクには感じられました。

弾き語りを終えた後、小池さんと話す機会があったので、
そのまま伝えました。
良くんもボクと同じように感じたようですが、
小池さん自身にはそういう感覚はないようでした。

などと書いていたら古滝屋のHPをチェックしたら23日(土)19時から小池さんのライブが古滝屋で開かれるみたい。
お近くの方はぜひ行ってみてください。

翌日、せっかくいわきに来たんだし、と思って良くんと一緒にアクアマリンふくしまへ。

駐車場に着いて早々、津波で折られた標識に、
ここが東北の沿岸だということを痛感させられました。

これはイワシだったかな。
久しぶりの水族館はとても楽しかった。
アクアマリンふくしまは海だけでなく、海へ流れ込む川や
東日本大震災についても展示されていました。
展示のこだわりはできるだけその生き物が実際に生きている環境に近づけるというものでした。

エビ、好きなんですよね。
昔、川で救ったエビをしばらく水槽で飼っていました。
5匹くらいだったのが勝手に繁殖して50匹くらいになったんですよ。
常に動いてるし、エサもザリガニの餌みたいなのと適当に入れとけばいいのでお手軽。自分の部屋に水槽を置きたい方にはオススメです。

イソギンチャクなどに餌をあげるスタッフさん。
こんな姿を見たことがなかったのでビックリ。

これ、何だったかな。
プレーリードッグみたいに、穴から出たり入ったりでかわいかった。

なぜか中庭みたいなところに犬が1匹。
水族館、けっこう楽しかった。
岩手にはないかな?
大きなものはないと思う。
小さい頃の遠足では松島水族館に行きましたもんね。
閉園してしまったのは寂しいですね。

良くんと別れ、ボクが向かったのは「いわきFCパーク」

アンダーアーマーの日本総代理店・株式会社ドーム がクラブ経営に参入し、日本では異色のフィジカル重視のチーム作りをして話題になっているのです。
Jリーグ以外のチームでの注目度は元日本代表監督の岡田さんがオーナーになっているFC今治に次ぐくらい。
今年、高校選手権で活躍した青森山田のバスケス・バイロン選手も加入し、JFL昇格を目指しています。

実はあまりこの施設について知らなくて、練習場でも見られるんだと思っていたのですが、よくわからず。クラブハウスと一体になっているショッピングモールのような部分だけしかわかりませんでした。
特にすることもないのですぐに仙台へと向かいました。
今調べたら、この建物の向こうにフィールドがあったみたいですね。
ちゃんと調べていけばよかった。
誰かに聞いてみたらよかったけど、練習場がありそうな雰囲気がかけらもしなかった。

仙台へ向かう道はあえて沿岸を選択しました。
高速を使いたくなかったのと、居住は制限されている地域でも車で通ることはできると聞いたからです。
このエリアを通ったことのある旅人も一度は見ていた方がいいと言っていたので。

実際に通ったそのエリアは、家や店はあるものの全然人がいなくて違和感ばかり。
しかし車が立ち入り禁止区域に行かないように交差点には監視する人が。
このエリアがどれだけ放射能の影響があるのかわかりませんが、
働いている人たちへの影響が気になりました。

ほとんどのお店はやってませんが、ガソリンスタンドとコンビニだけはやってました。

そこには、Jヴィレッジ再開を知らせるポスターが。
あの地震までは日本代表もキャンプをしていたJヴィレッジ。
かつてはJFAアカデミー福島の拠点ともなっていたのですが、
それも今は静岡に拠点を移しています。
再開は嬉しいものの、原発から20kmという距離が気になります。

そんなモヤモヤした思いを抱えながら仙台に向かいました。

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください