キャンドルの不思議

昨日お伝えしたキャンドルワークショップで藤原さんが「八幡ともしび横丁」用のキャンドルを作っている間、ボクは既に1個作っているので、別のキャンドルを作ることにしました。
それは「サーカス」という名のキャンドルで、
とてもきれいな線が描かれているのですが、
作り方を聞いたらとても不思議な作り方で前から気になっていて一度作ってみたかったんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

というわけで作り方を教えてもらいながらチャレンジ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ろうそくの芯が固定された容器が用意されます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そこに顔料で色をつけていきます。
これ、ほんのちょっとの方がきれいな線が出るのですが、
不安で大きくつけてしまいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そこに溶かしたロウをそそぐと、顔料が下に伸びていきます。
これはロウと顔料の比重の関係とのこと。
これがほんとに不思議。
横にも上にも広がらず、下にだけ伸びていく。
これにはロウの温度が重要で、高過ぎても低過ぎてもきれいに下には伸びないそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上から見た図。
まるで万華鏡のよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

固まってきました。
不安で大きく顔料をつけたところが太く広がってしまいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

底を平らにするためにギリギリまでロウをそそぎます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

固まったのがこちら。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

扱いやすくするために一度ロウでコーティングして完成です。
今回は上手くいかなかったのでまたチャレンジしてみます。
皆さんも「ともしび横丁」用のキャンドルを作ったら、
別のキャンドルを作ってみてはいかが?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください