トップにあるプロフィールよりは長めに自己紹介。

小野寺 拓二(おのでら たくじ)
1979年(昭和54年)生まれ。岩手県一関市出身。盛岡在住。
高校までを一関で、大学時代は仙台で過ごす。
モヤモヤとした20代を過ごす。

ある時、英語を独学で勉強し始め、せっかく勉強したし、
一年ぐらい外国で生活してみたいと思い、
ワーキングホリデービザを取得しニュージーランドへ。
2009年5月から2010年5月にかけて1年間滞在。
リーマンショックと豚インフルエンザの流行の影響を諸に受け、
円高は助かったものの、不況真っただ中のNZを彷徨う。

帰国後、英語力を生かした仕事を探す中、
日本にはゲストハウスという存在があることを知る。
全国のゲストハウスに類する宿のホームページを見ていった結果、
熊本・阿蘇にあったゲストハウス阿蘇び心に辿り着く。
運よく受け入れてもらい、
2013年3月、一度も踏み入れたことのない九州へと飛ぶ。

その後、スタッフとしての時期を経て、
熊本店立ち上げにともない阿蘇店店長へ。
熊本地震を被災し、阿蘇店は継続できず、
太宰府店を立ち上げ店長として1年半を過ごす。

2018年3月、ゲストハウス阿蘇び心を退職し、
岩手県盛岡市での宿開業準備に入る。
退職後、九州から岩手まで約1ヶ月かけて陸路帰る。
旅を通して、たくさんの人と話す中、
自分がやりたいのは単に人が宿泊する場所ではなく、
人が集い、混ざり、つながる場所だということに気づく。
というわけで現在、盛岡市に「泊まれるたまり場」開業準備中!