2018年を振り返る 5月~8月

さあ、今日も張り切って今年を振り返っていきましょう!

5月

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩手山の雪もだいぶ解け、新緑とのコントラストが美しかった。
鉈屋町の手どらんご、八幡町の八幡ぽんぽこ市、紫波のオガールで行われたMASTER OF BBQと
盛岡の中の一地域や有志が企画したイベントに多く行きました。
乳頭温泉で働いているうちに秋田を回ろうかと思っていましたが、
意外と盛岡でイベントが多く、休みの日はほぼ盛岡にいることが多かった。

6月

今年は盛岡で東北絆まつり開催。
東北のお祭りが一堂に会して、人出もすごくてエネルギーが充満してた。
集団で一つの踊りを踊るって動作が揃うと素晴らしく美しい。
盛岡のさんさ踊りを初めて見た時は少人数だったけど、旋律と独特な太鼓のリズムに惹き込まれ、踊りの流れるような動きに魅了されましたが、集団になると迫力が全然違う。

チャグチャグ馬コも初めて見ました。
馬の衣装の豪華さと乗ってる子どもがかわいかった。
盛岡八幡宮が終着点なので「泊まれるたまり場」がオープン後は歩いて見に行けますよ。

サッカーワールドカップロシア大会もありましたね。
全然期待してなかったけど、阿蘇店時代にヘルパーをしてくれた松ちゃんが山形のミンタロハットでヘルパーしていたので、初戦のコロンビア戦を一緒に見ようと山形まで行きました。
思わぬ展開に大興奮。
試合終了後は「勝っちゃったね………」と二人で顔を見合わせました。
大会前のドタバタを考えると、こんな展開は全く予想できなかったのです。
ここからベルギー戦までは今までのワールドカップで一番楽しい時間でしたね。
まさか日本代表でこんなドラマチックな展開を経験できるとは。
惜しむらくはこれが4年間積み上げたチームでなかったこと。
次回は4年間の集大成を見せられる大会にしてほしい。

7月

乳頭温泉でのお仕事を中断し、阿蘇び心阿蘇店再開のお手伝いに阿蘇へ。
「泊まれない宿」という突っ込みどころ満載のコンセプトですが、
じゃけんさんが考える以上おもしろいことになるんだろうと思い、
また、思い入れのある阿蘇店が形は違えど再開するなら少しでも力になりたいと思って行きました。
ボクと同じく退職したソルティ含め、男三人であーだこーだと言いながら1週間くらい過ごした日々は楽しかった。
元ヘルパーや常連さんなども顔を出してくれて、阿蘇の景色も素晴らしく、
やっぱ阿蘇はいいなぁと再認識しました。
今後もときどき行きたいな。

九州の帰り、飛行機は東京までだったのでタクボク会in東京開催!
古くはニュージーランドでのワーホリの時に出会った人から、阿蘇時代、太宰府時代、そして旅先、盛岡、黒湯温泉で出会った方まで大集合!
出会った場所が違う皆さんがボクを通じて東京で顔を合わせる不思議。
そして初対面なのに旅好きという共通点で一瞬で打ち解ける皆さんの人柄。
これも楽しい時間でした。
盛岡でこんな出会いがたくさん生まれるかと思うとワクワクしてしょうがありません。

そして、7月には盛岡市民になりました。
やはり住まないとわからないことがあると思ったのです。
幸いにも予定物件から徒歩10分のところで、生活しながら宿の周りのことを知っていけるのでラッキーですね。
引っ越し直後には、北上川ゴムボート川下り大会参加!
タクボク会にも参加してくれた哲也が盛岡まで来てくれました。
哲也に声をかけたのはニュージーランドのワーホリ時代に、
一般人が経験できる中では世界一の急流といわれるコースを一緒にラフティングした思い出があるので、ゴムボート乗るなら哲也でしょ!と思ったから。
四十四田ダムから盛岡の町中を抜ける1時間ちょっと。
川から見える景色は新鮮で、めっちゃ疲れたけどめっちゃ楽しかった。
レンタルボートでも参加できるので、来年は参加者限定宿泊にしてみんなで参加したいです!

8月

8月といえば盛岡さんさ踊り。
岩手で育ちましたが、一度も見たことがありませんでした。
8月1日から4日間に渡り、たくさんの団体がパレード。
各団体工夫を凝らし、見ていて飽きることがない。
そして、パレード終了後の観客も交えての輪踊りがカオスでおもしろい。
こちらも来年はみんなで参加しましょう!

ねぶた祭もはじめて行きました。
港近くにあるキャンプ村に泊まって、跳人にも参加。
めっちゃ疲れたけど、いい経験になりました。
さんさ踊りより人出があるはずなのですが、ねぶた祭りをやるためだと思うのですが、道も歩道も広く整備されてるので混雑せず見やすかった。
さんさ踊り経由でねぶたに行くのがオススメです。
帰りは酸ヶ湯温泉。十和田湖、奥入瀬、鹿角と回って帰りました。

そんな楽しい夏を過ごしていたのですが、
ねぶたのあたりから頭痛を感じ始め、なんだかおかしいなと思っていたら
十和田湖の宿に着いたら頭のてっぺんが腫れてる。
盛岡に帰って痛くて眠るのもしんどくなったので、病院に行ったら帯状疱疹と言われました。
体力が落ちたりストレスがかかったりすると発症することが多いと言われました。
心当たりありまくり(笑)
ちょっとはしゃぎ過ぎましたね。

というわけでお盆は実家にもほぼ帰らずに盛岡のアパートで一人寂しく過ごしました。
でも、おかげでお盆の鉈屋町の門付けを見ることができました。
また、鉈屋町近くの北上河畔で行われる舟っこ流しも見ましたね。
長崎の精霊流しみたいに花火や爆竹を鳴らし、燃える舟を引っ張りながら川を流すのです。
めっちゃ迫力あるのでこれも夏の必見行事ですよ!

8月には映画の力プロジェクトの高橋さんから誘われて大友啓史監督の「影裏」に人生で初エキストラを経験。来年公開くらいかな?と思っていたら、なんと2020年公開。
公開される頃には忘れてしまうがな!
皆さん、ボクのスキンヘッドが画面の片隅に映るか乞うご期待!

夏の甲子園、金足農のミラクルな快進撃に東北が湧きましたねぇ。
惜しむらくは大会序盤の吉田君のコンディションがいい時に大阪桐蔭と対戦してほしかったこと。
長く金農劇場は楽しめたけど、ボクとしては組み合わせが悪かった。


さて、続きは明日、大晦日!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください